スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UK people voting to leave

図2

BBCが、EU離脱票が過半数確実を報道したとき、率直に、信じられない気持ちが支配した。ただ、すぐに冷静に、「なぜ」そのように英国民が判断したのか。。。それをを考えた時に、英国民の「既得権への執着」ではないかと思う。

英国民は、社会福祉の恩恵をずっと受けてきている。その恩恵は移民者にも同様に与えられている。その予算は増大し国家予算を圧迫している。まさに芥川龍之介の「蜘蛛の糸」状態だ。下がっているものが多くなり、自分だけがぶら下がっていたい、でも、多くのひとがぶら下がるとその糸は切れてしまう。その脅迫感が「vote to leave」へと突き動かす。移民規制、鎖国だ。しかし、 「vote to leave」の代償も大きい。大きな市場を失うことになるし、その市場への参入には、関税という障壁が立ちはだかる。おそらく日本法人でヨーロッパのHQとして英国に法人をおいている企業は多いと思う。他国へ機能移転が進だろう。また、人材の流出も進むだろう。人材、モノの流動性も失われる。その他にも多くの犠牲をもたらされてくるだろう。その時に、「vote to leave」支持に後悔しなければいいんだけれど。

これから「離脱」にむけて2年をかけて移行してくのだろうが、あまりに衝撃的な結果であったことは心にとめておこうと思う。。。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

CalendArchive
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

TOEICボキャドリル(わんこ版)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。