スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBA受験対策④ 二次試験 面接


神戸大学MBA一次試験受験生のみなさん、お疲れさまでした。

この時期、受験生の方に少しでもお役に立てればと思い、神戸大学MBA二次試験の面接について、自分の経験をもとに紹介してみたいと思います。お役に立てれば嬉しいです。

【二次試験】
面接
研究計画書
上記2つの総合評価で最終合格者が決定

客観的にみると一次試験に合格した受験者は二次試験に合格する確率はかなり高い。数字上では3割程度しか不合格とならず、7割の受験者は合格しているのである。この傾向は受験者数増加に伴い顕著である。一次で大半を不合格とするのは大学側の方針であろうからなんともいえないが神戸大学MBAの試験の大きな特徴である。面接できる数に限りがあるため、一次試験で相当数を不合格にするのかもしれない。

みんな折角厳しい一次試験をパスしたんだから絶対に二次試験もパスしたいよね(当然です!)。

神戸大学MBAの二次試験対策としては、試験傾向から推測すると、二次試験の面接ではいかに落とされないようにするかが鍵となるような気がします。つまり、面接では取りこぼしのない対応が必要ではなでしょうか。

具体的には、面接では以下のような点に気をつけました。

1. 自身の研究計画書の確実な理解(計画書のポイントの整理)
2.研究計画書の不明瞭な箇所に対して質問を受けたら、わかりやすい説明をする
3.極力説得力ある論理的な話の組み立てを心がける

また、面接時間は10-15分程度です。でも実際はあっという間に終わったというのが正直なところです。くれぐれも悔いの残らぬようみなさん全力で二次試験に臨んでください。陰ながらみなさまの合格を祈念しております。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

CalendArchive
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

TOEICボキャドリル(わんこ版)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。