FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のこれからのポジショニング。。。

最近、新幹線が曜日を問わず、常に満席の状況をよくみかける。この主要因は海外からの観光客だと感じている。ここ数年で訪日外国人が旅行を楽しむ姿を多く見かけるようになった。人種を問わず海外から観光客は本当に多い。



きのうも新幹線に隣り合わせた、スイスから1週間の予定で奈良、京都、東京を訪れるという2人組と話をしたが、日本は魅力的な国、古いものと新しいものがうまく融合していると絶賛だった。また、任天堂のゲーム機はスイスでもとても人気とも言っていた。任天堂に代表されるゲームコンテンツを通じて世界への発信力も高まっている。訪日が一時的な単なるブームにとどまらず、この潮流は日本経済をこれからも力強く下支えしていくと感じる。

海外からは日本のイメージについて質の良さを挙げて評価する人が多いようだ。米フューチャーブランドが毎年実施する「国別ブランド評価ランキング」(2014~15年度)では、日本が初めて総合1位となった。「日本を一言で言い表すと」という質問ではテクノロジー、文化、食べ物、友好的、アニメ、安全、安心、美しいといった回答が目立った。

GDPや人口等の数量による経済力で日本国力のプレゼンスを取り戻すのは難しいかもしれないが、有形無形の質を磨き上げることで今まで以上に注目され、日本が世界で信頼される国になるのは可能だと感じている。これはまさに、ヨーロッパの中のスイスと同じ立ち位置。スイスは経済規模ではヨーロッパの中でドイツにかなわないけれど、精密機械や金融等の科学技術、その高度な科学技術に基づく貿易、また、世界遺産、登山観光列車等を活用した観光の3つの得意分野を併せ持つ。

日本もアジアの中で中国が台頭してくるのは間違いない。GDPでも日本を抜き去り世界第2位の経済大国になっている。将来的に日本もスイスと同じ立ち位置を実現目指していくのは十分に可能だ。

スイスの2人組の旅行者の方にも、素晴らしい日本を存分に楽しんでもらいたい。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

CalendArchive
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

TOEICボキャドリル(わんこ版)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。