ジャーナリスト 野中章弘氏の講演を聞いて

講演をきいて。。。




心に残った言葉:

野中さんから問題が出されました。
戦争の最初の犠牲者はOOです。
OOに入る言葉は。。。

答え:
戦争の最初の犠牲者は真実です。
これは有名な言葉で、アメリカの民主党上院議員ハイラム・ジョンソンが
第一世界大戦の参戦した年1917年に発した言葉だそうだ。

一方で、
ベトナム戦争が予想外に苦戦するアメリカのなぜに対して、
ライゲン・ザップは「アメリカ人はベトナム人を知らない」と言い、相手のことを知る大切さを説いたという。

知性とは他者のことを知り、他者の言葉に、耳を傾ける忍耐力だという。
これは日本社会の中で弱くなってきている能力で、善と悪とかで簡単に色分けできるものではない、
2項対立的な単純なものであはない原因を深く掘り下げてよく考え、相手のことを理解する必要がある。
相手が「なぜ、このような行動に駆り立てたのか。」への理解の深化が必要。

大切なこと:
「自分たちの行為を見直す」
「相手の人生観、宗教観の理解」

以上

野中 章弘(のなか・あきひろ)
1953年生まれの独立系ジャーナリスト。小型ビデオを使うビデオ・ジャーナリズムの手法によるドキュメンタリー、リポートを得意とする。チベット、東ティモール、アフガニスタンなどアジア各地をビデオ・ジャーナリズムなどの手法で取材し、NHK、テレビ朝日、朝日ニュースターなどで200本を超えるニュースリポート、ドキュメンタリーを発表。1987年には独立系ジャーナリストのネットワークであるアジアプレス・インターナショナルを創設し、吉田敏浩氏、石丸次郎氏、古居みずえ氏、綿井健陽氏など第一線のジャーナリストを世に送り出すとともに、アジアの諸問題に関するわが国の世論に大きな影響を与えた人物。






スポンサーサイト

仕事始め。。。

昨年の仕事始めに比べると比較的寒さもましかもと感じる中、新年の仕事が始まりました。会社人生において今年は勝負の年になりそうです。。。

静岡においての仕事始めの最初行事として、まず葵区にある浅間神社で御祈祷を受けるというのが恒例となっており、職場のメンバー全員で参拝してきた。


浅間神社 多くの人で溢れる境内。この時期は活気があって好きな場所だ

今年は巳年。巳は執念深いと言われる動物ですが、逆に恩も忘れず、助けてくれた人には、恩返しを行うというよい面もあります。 今年は巳のように執念深く探究心と情熱をもって公私ともども取り組みを精いっぱい頑張っていくつもりです。今年もがんばります!











CalendArchive
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

TOEICボキャドリル(わんこ版)